実際に講座を受講し、更にその後薬学部に入学した猪又 雅さんから、当時の将来に対する想いや講座を受講してみた感想、薬学部に入学してからの頑張りや今後の目指す薬剤師像について語ってもらいました。



新潟薬科大学薬学部高大連携講座を受講して

新潟薬科大学 薬学部5年
猪又 雅

パソコンに向かい実験結果をまとめる猪俣さんの姿

  私は、母が薬剤師をしていることもあり、幼少のころから漠然と薬に興味がありました。また、通っていた高校で新潟薬科大学の先生の講義を受ける機会があり「なんか面白そうだな」と感じたので、高大連携講座を受けることにしました。

 高大連携講座では、座学や実習、薬局訪問などがありました。その中でも、軟膏を混合してケースに詰めるという実習や調剤薬局が併設されているドラッグストアに行って機械を用いた調剤について学んだことがとても印象に残っています。その結果、それまでの漠然とした薬への興味が「もっと詳しく薬について学んで、私も薬剤師になりたい!」という強い気持ちに変わりました。

高大連携講座受講者のための推薦入試を使って入学

  新潟薬科大学には高大連携講座を用いた推薦入試があり、私は薬剤師になるために新潟薬科大学に入学したかったので、その推薦入試を受けようと思っていました。ところがその出願資格を得るためには様々な条件があり、生憎高校の行事などで受講できない時があったためにその条件を満たすことがかなわず、その推薦入試を利用した受験を諦めようとしていました。しかし、高大連携講座が大学以外の会場でも開講していることを知り、調べてみた所、私が住んでいた上越市から一番近い長野県の会場でも講義を受けることができると分かりました。そこで、諦めずに大学と長野で講義を受けた結果、無事に受験に必要な条件を満たすことができ、予定通り推薦入試に合格することができました。

5年生になって改めて感じた高大連携講座受講のメリット

  入学してからは新しくできた友人と遊びに行ったり、好きなアーティストのライブに行ったりと、とても楽しい学生生活を送りました。学年が上がるにつれて、授業の内容も難しくなってきて、遊びすぎたことや勉強を始めるタイミングが遅すぎたことに少し後悔したこともありましたが、無事4年次にある共用試験にも合格し、今年5年生になりました。高大連携講座を受講していたことで、共用試験の練習や実務実習に備えての学習がほかの人よりも少しスムーズだったと思います。5年生になった今、改めて受講しておいてよかったと感じています。また高校生のときから薬局を訪問し実際に調剤業務を体験することで、自分が薬剤師になったときの姿を想像しながら大学に入学することができました。そのため辛い時期にも薬剤師になりたいと強く思いながら諦めずに頑張れています。また、当時講座で知り合った友人と今でも一緒に薬剤師を目指して頑張っています。ともに切磋琢磨できる仲間と入学前に知り合うことができたのもとてもよかったです。

自分にしかできないものを持っている薬剤師になるために

実験装置を操作する猪俣さんの姿

 現在は高大連携講座でもお世話になった杉原多公通先生の研究室に入って、統合失調症治療薬に関する研究に取り組んでいます。内容はとても難しいですが、先生や研究室の先輩に教えてもらいながら少しずつ理解して研究しています。

 将来はより多くの患者さんの役に立てるような薬剤師になりたいと考えています。大学の授業や学外の災害薬事研修会などに参加して、薬剤師ができることはたくさんあるということも学ぶ機会を得ています。私は今、糖尿病専門薬剤師や日本災害派遣医療チーム(DMAT)にとても興味を持っています。高大連携講座で講義をしてくださっていた朝倉先生が糖尿病専門薬剤師であったことや、今もお世話になっている杉原先生が紹介してくださった研修会でDMATについて学んだことで、私も何かに特化した、私にしかできないものを持っている薬剤師になりたいと強く思いました。そのような薬剤師になるためには、日々積極的に学んで知識を蓄えることが大切だと思います。また、知識があるだけでは自分が目指す専門性の高い薬剤師にはなれません。私が将来なりたい薬剤師像に少しでも近づくにはどのようなことが必要なのかをより深く考えるためにも、5月から始まる臨床実務実習で実際の現場ではどんな業務をしているのか、患者さんに的確に分かりやすく服薬指導し気持ちに上手く寄りそうためにはどのような工夫をしているのかなど、様々なことを見て聞いて学んできたいと思っています。



<< 高校生のための薬学入門講座(旧高大連携講座) の詳細ページはこちら